XL1200C FOR SALEです

スポーツスターXL1200CがFOR SALEです。2009年モデル。走行距離50,148km。税込車両価格¥900,000。車検満期は令和4年9月ですが、車検2年付の場合の乗り出し価格は¥979,100となります。

フロントフォークはサンダンス トラックテック。リアサスペンションはオーリンズ。LEDヘッドランプ等、1200Customというネームにふさわしいカスタムが施されています。

ガレージ保管なので外観も綺麗。

配線中通しハンドル。見づらい画像で申し訳ございません。

ツーリングのご案内<5月15日千葉勝浦で担々麺かなぁ…ツーリング>

<2022年5月15日千葉勝浦で担々麺かなぁ…ツーリング>
ツーリングシーズン突入の5月は外房まで行きます。お昼はフリータイムでご贔屓の店へ。8時集合出発。
雨天中止。集合場所は店ではございませんのでお問合せください。

日曜日は<秦野ソバを食べに行くだけツーリング>です!

4月17日の日曜日は<秦野ソバを食べに行くだけツーリング>です。10時集合出発。集合場所は前回のツーリングと同じ場所になります。今回は開通したばかりの新東名秦野スマートIC経由のルートとなりますので、ETC搭載車でのご参加をお願い致します。予め蕎麦屋さんを人数予約しますので、ご参加予定の方は予めご連絡頂きたく存じます。画像は蕎麦屋さん近くから撮影した開通前の新東名の様子です。宜しくお願い申し上げます。

レブル1100 左手リアブレーキコントロール取付

レブル1100DCTに左手リアブレーキコントロール取付依頼を頂きました。これによりリアブレーキコントロールがフットペダルとハンドレバーの両方で操作出来るようになります。

MotoGPでは標準らしいこの機能。オーナー様はご家族で共用しているレブル1100に、扱い易さ向上の為に取付検討されていました。

オーダーブレーキホースはbuildaline。バンジョーソケット部が細くて仕上がりが綺麗です。ほとんど見えない部品ですが、ステンレスブラックで統一しました。

取付にはフットペダルステー等に多少の加工が必要です。

作業完了してテスト走行。操作には注意点もありそうですが、期待通りの操作感でした。ご依頼ありがとうございます。

ツーリング集合場所変更のご案内

3月27日のツーリングですが、集合場所が変更となりました。前回のツーリングと同じ場所に集合です。9時集合出発。宜しくお願い致します。画像は始動困難&車検でお預かりしましたW650。多走行距離車両ですのでオーナー様と打ち合わせしてバルブクリアランス点検後にキャブレター同調確認です。緩んでいたインシュレーターバンドも修正。始動性も改善されました。

ミツバサンコーワ製ドライブレコーダー取付

業務で使用されているスクーター ジョグにドライブレコーダーの取付依頼をいただきました。事故に遭遇した時に衝撃で要の録画が出来ていなかったという話を聞いたことがありますので、信頼性の高そうなメーカーのドライブレコーダー、ミツバサンコーワ EDR-21αを選択しました。

バイク専用は前後カメラ仕様が標準となりつつあります。フロントカメラはフロントレッグシールドの中心に取付。

リアカメラはキャリアの下に取付。車両ボディの写り込みが無いように気をつけます。完了後に画像確認。

インジケーター付きスイッチはハンドル側に付けると配線のねじれ等で寿命に影響がありそうなので、イグニッションスイッチの近くに配置。プラス電源はメーター裏のHM防水アクセサリーカプラーから取ります。

本体はメットインボックス内に配置しますが、ヘルメット収納の邪魔にならないように、バッテリーカバー側にマジックテープで取付けます。SDカードの抜き差し動作も支障がないか確認。スマホで初期設定します。画像確認しましたが綺麗かつ広範囲に録画できています。

VTR250 クラッチオーバーホール

ようやく春の陽気らしくなり、外での作業も気楽になりつつあります。
ご依頼いただきましたホンダVTR250のクラッチオーバーホール作業は完全インドアなので天候に左右されません。

クラッチを繋げてからの走り出しにタイムラグを感じるとの事。摩耗状態を確認しながら消耗部品を交換していきます。多走行距離車両ですのでクラッチハウジングアウターも段付き摩耗が深い状態です。今回はここは交換ではなく、修正で改善していきます。

プレート、スプリング&ダイアフラムスプリング等を交換。お渡し後、オーナー様からはタイムラグ解消、加速が良くなったとのお話。ご報告くださりありがとうございます!