Ninja H2SX バーハンドルカスタム

200psスーパーチャージドエンジンのスポーツツアラー Ninja H2SX。セパレートハンドルからポジションアップのバーハンドル仕様にカスタムです。

欧州カスタムパーツのABM。

グリップヒーターの移設について、接着されている左グリップは再使用せずに新たに取り寄せ。配線カプラー脱着の為にアッパーカウルを外します。

スロットルケーブルは長さが足りない為、フロントフォーク内側に配置変更。右側グリップヒーター配線も配置変更です。この後、ブレーキ&クラッチのアッパーラインを付属のタイプに交換。

ハンドルをきるとスクリーン端部とハンドルスイッチが干渉します。スクリーンの加工もしくは異なるデザインのスクリーンに交換が必要です。左右レバーは角度変更でカウル干渉を防ぎます。

ビフォア&アフターの画像。ハンドル高さが上がり、よりツーリングに適したポジションに変わります。

想像以上に低速から滑らかで扱い易いエンジンのH2SX。ライディングポジション変更でさらに楽しくなりそうです。

FLHTCUTGトライグライド FOR SALEです

FLHTCUTGトライグライドがFOR SALEです。2014年モデル。カラーはミステリアスレッドサングロ/ブラッケンドカイエンサングロというツートンカラーです。車検は令和5年3月まであります。

走行距離は893km。室内保管でしたので外装も含めてコンディション良好です。税込本体価格¥3,000,000。来週には移動してしまいますので、ご興味のある方は早めのご連絡をお待ち申し上げます。

ツーリングご参加ありがとうございます! ショートライドin丹沢

本日はツーリングにご参加くださりありがとうございます。延期続きでしたが、ようやく開催できました。好天に恵まれ七沢温泉郷のラーメン屋さんまで快調走行。

食後は宮ケ瀬湖畔の鳥居原園地駐車場までひと走り。

帰路は中津川沿いと相模川沿いを快走できました。

次回のツーリングは1月開催予定です。追伸です。ツーリング中にご案内しました浜松のレジェンド来店日は27日から23日に変更となりました。宜しくお願い申し上げます。

ツーリング延期のご案内 11月14日(日)開催となります

明日の17日に予定していました「丹沢でラーメン」ツーリングは天候不良の予報のため、延期となりました。開催予定日は11月14日(日)となります。よろしくお願い申し上げます。

10月15日(金)は研修の為、夕方からの営業となります

10月15日(金)は研修のため、夕方4時ごろからの営業となります。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
日曜日の17日はツーリング予定ですが、とても気になる天気予報となっています。前日に判断してご案内致しますので宜しくお願い申し上げます。

10月8日&11日は午後から営業となります。ハーレーダビッドソン 2次エア混入

10月8日の金曜日と11日の月曜日は午後からの営業となります。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。EFIチューニング&リアブレーキスイッチ修理でお預かりしましたFXDB。事前テストで2次エア混入の不具合が判明。チューニング前に修理となりました。

不具合箇所確認後にO₂センサーの数値グラフ表示。診断通りの異常を示しています。先週もエンジン熱量が気になると仰るオーナー様のソフテイルが同様の修理となりました。エンジン熱が異常に熱く感じる方は一度診断してみる事をお勧め致します。

ベスパLX150ie ヘッドライト不具合&燃費悪い

ヘッドライトがハイロー共に不点灯で入庫のベスパLX150ie。修理ご依頼ありがとうございます。お話を伺いますと、その他燃費が悪いとの事。

ヘッドライト不具合はバルブ切れでした。明るくしたとの要望がありましたので、ノーマルの白熱電球からハロゲンバルブに変更。

電子診断ではエラー検出。P0611 データバッファ飽和状態エラーです。

上記の飽和状態データを消去してエラークリア。
その後、自己補正パラメータもリセット。

エラークリアを確認してから、エンジン始動しアクティブデータを確認します。

空燃比の数値は修正により変化しています。燃費改善に期待出来そうです。納車後のオーナー様の感想で確認したいと思います。

BMW R1200GSアドベンチャー車検整備

車検整備依頼をありがとうございます。通常整備の他に電子診断によるエラーチェックとサービス日程の更新を行います。下記作業の様子を抜粋してご案内致します。

エンジンオイルを通常走行温度まで上げてから点検。
エアフィルターも外して状態確認です。

ツインスパークなのでプラグは4本。今回は交換ではなくブラスト清掃します。

右ヘッド下方のプラグが特に汚れています。修正するほどではありませんが右側は要観察です。

オーナー様からはベベルギアとギアボックスなどの油脂類の交換とフルード類の交換は省略とのリクエストでしたので、打ち合わせ通りですが、交換時期の様子ですので、履歴を確認してもらいます。画像はリアブレーキキャリパーの清掃。

フロントブレーキキャリパーも清掃。ピストンの良好作動と保護の為、専用グリスを塗布します。フロントアクスルシャフトも外して清掃給油。

24ヵ月点検整備後にテスト走行。電子診断でエラー状態を確認します。エラーは10以上の履歴がありました。履歴保存してエラー消去。サービスプログラムを更新して完了となります。