VTR250 クラッチオーバーホール

ようやく春の陽気らしくなり、外での作業も気楽になりつつあります。
ご依頼いただきましたホンダVTR250のクラッチオーバーホール作業は完全インドアなので天候に左右されません。

クラッチを繋げてからの走り出しにタイムラグを感じるとの事。摩耗状態を確認しながら消耗部品を交換していきます。多走行距離車両ですのでクラッチハウジングアウターも段付き摩耗が深い状態です。今回はここは交換ではなく、修正で改善していきます。

プレート、スプリング&ダイアフラムスプリング等を交換。お渡し後、オーナー様からはタイムラグ解消、加速が良くなったとのお話。ご報告くださりありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA